ロリなので誰がなんて言おうと、くりえみが好き♥ Youtube ⇒ くりえみチャンネル
押売り洋品店BOLUZO
META民繁栄寄付金
世界初の押し売り洋品店
どすけべな同人作品
格安コンドーム
BLOG
日本野放しバナシ
  1. HOME
  2. BLOG

今すぐ「イイなぁ~」を捨てて幸せになれ

METAMIN
最終更新日から423日以上経過
POST:2021.01.26 LATEST:2023.02.27
何年前から瞑想するようになってからか、心の視野が広がった気がする。中でも他人との境界線がハッキリ目に映るようになり、心のこもってない「●●はイイなぁ~」という言葉がなくなったのはそのおかげかな。

昔の自分もよく使ってた「●●イイなぁ~」という言葉はじつに曲者で、なんでも知らず知らずのうちに自分と他人の境界線を無くしてしまう働きをするので、正直、これには気を付けたほうが良い(; ・`д・´)

相手と同じぐらいの代償をさし出せるのであればいいけど、そうじゃないケースがほとんどなだけに、それはただの僻みや妬みでしかない。

世の中、本気でイイなぁ~って思える「人や物事」の多くは、たいがい大きな大きな「代償」の上で成り立っているのだから、それを無神経に触わろうとした時、相手から「キミに何が分かるの?」的なカウンターパンチをもらったとしても、文句ひとつ吐きだせないのだから、正直コレはかなり…痛い。

ゴマすりにも程遠いよね。。。

互いの言葉に耳を傾け、素直に共有出来るのは、同等なレベル(代償の大きさ)に限定されるものだと思うし、今いろんな物事がぼやけて、とりあえず共有しよう~という風潮がますます強まる社会の中、実は共有出来ない or すべきではない事のほうがむしろ多いんじゃないかって思う、僕は。

他人との境界線が少し見えてくると、だんだんと「気にしない技術」が発達して、イイなぁ~の連射ボタンを押さなくなる。

セクショナルリズム仕組みによく似てるけど、「他人との境界線」についてちょっと考えておくと、世の中案外生きやすいよ。

僕が見つけたこたえ
WARNING
情報渋滞マガジン「とあるMETA民の自由帳」(以下本サイト)に掲載する画像や動画(以下著作物)は、著作権や肖像権などによって守られている場合があります。
本サイトでは、利用フリーの他に各種メディアのガイドラインによって守られている著作物などを本サイトで使用するサーバーへのアップロードによる公開または本サイトへの埋め込み型式による公開が可能な場合を除いては、著作物の使用許可を得て本サイトに掲載しています。その為、本サイトをご利用の際、個人で閲覧を楽しむ以外の目的はご遠慮下さい。
THE DAY